ホットペッパービューティーの代理店と契約した費用

どこで契約をしても料金は変わらない

ホットペッパービューティーに広告を掲載する場合、代理店契約をする場合と、直販で契約をするのでは掲載料金が違うのかと、考えている店舗の広告担当者は多いでしょう。しかし、基本的にどこで契約をしようとも、掲載料金は一切変わらないといわれているため、費用に関する不安はないといえるでしょう。毎月の広告料金が違うことで集客率や顧客獲得に大きな影響を及ぼすことは事実ですが、全く料金が違わなければ、コストを抑えて顧客獲得や集客率アップが可能となるため、獲得した顧客へのサービスに時間や費用をかけることができます。毎月どの程度の費用がかかるのか確認することで、事前に企業内での予算をかける方法に対して大きな影響が出てくるでしょう。

代理店で契約をするときのメリット

ホットペッパービューティーに関して直販ではないほうが、お店の発展のために何をしたらいいのか、どういった広告を出したらいいのかまで、きめ細かくサポートしてくれると感じる人が少なくありません。依頼主の店舗が集客・顧客獲得のために目的達成を行う方法や、ツールなどについて最適な物を選択するようにしています。また、集客・顧客獲得のために必要な広告の出し方や、他のサイトでの掲載も考えたときにも、最適な回答が得られるのがポイントです。また、独自のサービス内容を提供している場合も少なくないため、勉強会や様々なやることを実行することで広告を出すために必要なサイトの構築や、売上アップのためにSNSなどを使うやり方なども覚えていけるでしょう。直販ではできない角度から見た、即戦力となるトータルサポートを行ってもらえます。

契約をする場合のデメリットを知ろう

メリットだけではなく、デメリットも必ず存在しています。何かあったとき、ホットペッパービューティー直販の営業ならすぐに対応してくれるところを、代理店の場合には時間がかかることも多いです。トラブルが発生したときには迅速に対応することで店側の評価が上がる物ですが、時間がかかりすぎてしまうこともあるため、トラブルが発生しないようあらかじめトラブルシューティングをしておくことが必要です。また、ホットペッパービューティーの現行の締め切りは非常に早いため、広告を出すときには前もって作っておいたデータを渡すと締め切りに間に合います。なお、締め切りが早い理由としては構成やチェックに時間をかけているからという人もいますが、誤字や脱字の確認をしているからだとも言われているのが特徴です。広告に誤字・脱字があるとどうしても来客数が下がってしまうといわれています。そのため、来客数を高めるために誤字脱字を少なくしたほうがいいでしょう。

記事を共有する